ワードプレスでのスマホ未対応案件として外注フロントエンドエンジニアさんにご相談をする。

2019年09月04日 水曜

ワードプレスでのスマホ未対応案件として外注フロントエンドエンジニアさんにご相談をする。

数年前に弊社にて制作させて頂いたホームページにて、今回お客様より新規英語版のホームページ制作を頂きました。

その打ち合わせの席にて、数年前のホームページをスマホ表示にするプランをご相談させて頂き対応させて頂く事になりました。

早速、信頼の置ける外注フロントエンドエンジニアさんの1人に制作方法等を相談をしたところとても親切にご返信を頂きました。

以下

ーーー
カトリさん
お世話になっております。
◯◯です。

以下検討してみた結果です。
まず、対象を①と②に分けました。

①恐らくプラグインでは対応できないため、個別にCSSとテンプレートを調整する必要があるページ。
http://www.◯◯.co.jp/
http://www.◯◯.co.jp/◯◯
http://www.◯◯.co.jp/◯◯/◯◯.php など
http://www.◯◯.co.jp/◯◯

②おそらくプラグインの設定+微調整で対応可能なページ。
http://www.◯◯.co.jp/◯◯
http://www.◯◯.co.jp/◯◯/◯◯など

使おうとしているプラグインは以下です。
https://◯◯/
参考までにこのサイトがそれを実装しているので、スマホで見てみてください。色などはいじれますが、テンプレートは限られるのでこの程度のデザインになります。
http://◯◯

心配なのが、現在使用しているWordPressのバージョンが 古いことです。上記プラグインが 4.2 以上を推奨しているため、うまく動かない可能性があります。

やはり、①に関しては機械的にできるものではないため、CSSだけでなくテンプレートにも手を入れる必要があります。また、デザインというほどではありませんが、少なからずスマホ時のレイアウトを事前に設計しないといけないと思います。

特にヘッダー・フッター周りはただ並べ替えれば良いというわけにはいかなそうですし、ヘッダーのメニューをどうするか、など検討する作業も必要です。

②に関してはプラグインだけで行けそうですが、その場合、①を対象から外すという調整が必要です。前述のバージョンの問題もあり、このあたりうまく行くかこちらも事前に検証が必要です。

実施するにあたり3パターンを考えてみました。
金額についてはまだ見えない部分もりあくまで概算なので、お客様にお伝えするかはお任せいたします。

Aプラン
予算目安:◯◯万円未満
期間:検証含めて1ヶ月
今回は②のみをプラグインで対応。
①は現状のまま。
基本的に色の変更などプラグインで出来る範囲での対応のみ。

Bプラン
予算目安:◯◯〜◯◯万円
期間:2ヶ月
②はプラグインで対応し、①は手動で対応。

Cプラン
予算目安:Bプラン+◯◯万円
期間:2ヶ月
②も①もすべて手動で対応。
やるのであれば、Bプランよりもこちらを推奨。

A、Bを行うにあたって提案ですが、まず技術的に可能か、あるいはデザイン的にお客様が満足できるか、を確認したいため、試験的に別環境でプラグインを試してご確認いただくというのはいかがでしょうか。

これについては環境含めて無償で実施させていただきます。

また確認ですが、WordPressのバージョンアップ等は検討されていないですか?だいぶ古いバージョンなので、セキュリティ上あまりよろしくない状態ですが。

以上、よろしくお願いいたします。

ーーー

まずは試験的に別環境にてプラグインテストを行う事になりました。

お客様も新規英語版のホームページと合わせてスマホ対応を楽しみにしておりますので、引き続き外注フロントエンドエンジニアさんと協力し作業を進めて行きます。

以上、本日の日報を終わります。


シンプルだけど9割が印象に残る! 《独立 開業 起業》個人事業向け ホームページ制作ならお任せ下さい。 ロゴ・名刺もセットで対応致します。
良心価格で制作後の《サポート》もしっかり対応!

-東京都荒川区南千住-
カトリデザイン事務所 https://www.katori.co.jp