名刺黒のデザイン作業。用紙&加工でかっこいい印象間違いなし。

打合せ/面会

名刺黒のデザイン作業

本日はインテリア系企業様よりご依頼頂きました「黒名刺」のデザイン作業を行いました。

黒名刺はある意味「業種」を選ぶ色(失礼にあたる場合もあり)になりますので、全企業様に推薦できる訳ではございません。

しかし今回はインテリアを扱う企業様なので、むしろ『これまでの普通の白名刺』から差別化した黒名刺をとても期待されており、作成する事となりました。

名刺 黒 かっこいい加工で印象に差をつける

白ベタに黒を印刷するのも良いかもしれませんが、今回は『黒用紙』を数種類ご提案させて頂きました。

さらにその中で相性の良い『加工』を前回の打ち合わせで共有し、他社様と差をつける名刺に仕上げたいと考えております。

とは言え、画面デザイン上では加工イメージが分かりにくいのですが、しっかり完成イメージを共有出来て入れば、むしろ完成した黒名刺を手に取った時の『喜び』は、何とも代え難い瞬間になるに違いありません。

黒名刺 白版も作成し比較

お客様へご提出するまであと3日ありますが、1枚の名刺作成においても以下作業を行います。

  • 縦版/横版
  • 白版/黒版
  • ゴシック版/明朝版
  • デザインA版/B版

本日はまず『デザインA』の縦版を作成し、白版/黒版、ゴシック版/明朝版 をイラストレーターデータにてレイアウトデザイン致しました。

webデザインとは違い、印刷物のデザインは文字調整がとても楽しい作業です。

・カーニング
・行間
・フォントサイズ

これらを細かく、何度も試してみては崩し、全体の余白(ホワイトスペース)を考えいるとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

かっこいい名刺 ここに手を抜くな

せっかくかっこいい名刺をデザインしても、細かい「ー(ハイフン)」の上下位置の調整に手を抜いてはいけません。

一応説明しておくと、住所や電話番号の文字列にある「-」ですが、普通に打つと


住所 0-1-2 TEL 03-0000-0000


のように、中央より若干下がって表示されるのはデザイナーなら誰もが知ってる通りですが、案外ここをスルーしているデザイナーも実際は多いです。

*ある意味、デザイナーの名刺をもらった時に『この箇所』をチェックするだけでも『なんちゃってデザイナー』なのか『本物デザイナー』なのかの判断基準にもなるかも!?笑

と言う訳で、名刺黒のデザイン作業はまだまだやる事がたくさんありますので、明日以降も引き続き、楽しく作業の没頭致します♫

以上、本日約1000文字の日報を終わります。

 

\創業20年の信頼と実績/

 《独立 開業 起業》
個人事業向け ホームページ制作ならお任せ下さい。 ロゴ・名刺もセットで対応致します。良心価格で制作後の《サポート》もしっかり対応!

-東京都荒川区南千住-
(株)カトリデザイン事務所 https://www.katori.co.jpお問い合わせ
タイトルとURLをコピーしました