7年前にワードプレスで制作したホームページのスマホ対応のご相談を頂く。

2019年09月11日 水曜

7年前にワードプレスで制作したホームページのアップデートのご相談を頂く。

以前、日報にて記載した約7年前に弊社にて制作したホームページのスマホ化の作業ですが、お客様より追加で「各種セキュリティーのアップデート」も全てお願いしたいとのご相談を頂きました。

実は案件自体がお客様の多忙により、止まっておりましたがようやく動き出す事になり進めております。

荒川区の会社様よりホームページ制作のご依頼ご相談を頂く。

当初のご依頼範囲は

・スマホ対応
・新規英語サイトの作成

だったのですが、前回の記事の通りこちらのお客様は自社内でホームページを管理されていまして、正直この7年間特にアップデート等の対応をしておりません。

つい昨日の日報でも、別件にてPHPやWPのアップデート関連での文字化け問題などもあり、web運用の環境では最近特にこのようなご相談が多いのも事実です。

PHP5.6から7.1へのアップデートによるワードプレス文字化けの対応。その1。

今回、私の方からお客様へご提案とお見積もりのメールを以下にてお送りさせて頂きました。

ーーー

カトリです。
お世話様です。

着手金の確認を致しました。
ありがとうございます。

早速ですが今後の進行として

ーーー
◯現HPのスマホ対応に関して

現在テスト環境は用意できました。
こちらでレスポンシブ化を進めて行きます。
https://tset.◯◯.co.jp/
ーーー

◯英語版ページの用意に関して

来週中に https://◯◯.co.jp/en/
のディレクトリーを作成し新規WPを新規データベースにて設定設置致します。
ーーー

またお話しに出た各種「セキュリティー/アップデート」の件ですが
以下見積もりと説明となります。
過去約7年分として古い状態のようなので費用面が許されるなら
是非対応をお勧め致します。

◯SSL化の全対応
先日私の方でサーバー管理画面よりhttpsの設定を行いましたが、
面側だけではなくWPのhttp記載を全てhttpsに置換しなければいけません。

◯PHPのバージョン対応
現在PHPのバージョンが5.2とかなり古く、最新版WPの場合5.6以上を必要とするので、PHPのバージョンアップも含めて行う必要があります。

◯WPを最新版対応
こちらもアップデート致します。ですが新エディターが不評なので、今までと同じ
クラシックモード(Classic Editorプラグイン)をイントール致します。

ーーー

上記内容での以下お見積りです。

■SSL対応
・リダイレクト設定
・WP内のhttps記載一括置換
・動作確認(問い合わせフォーム含む)

→ ◯◯円+ 税

■WPアップデート
・PHPを5.2→7.1へアップデート
・WPを最新版(5.2.3想定)へアップデート
・各プラグインを最新版へアップデート
・Classic Editorプラグインのインストール
・動作確認(問い合わせフォーム含む)
※上記は全てテスト環境にて事前調査を行います。

→ ◯◯円+ 税

■進行管理費用◯◯%

合計◯◯円 + 税
(税込◯◯円)

ーーー

となります。

作業は同時に開始をしたいので
ご面倒ですが早めのご返信を頂ければ助かります。

今回の費用を過去約7年分で割ると年間◯◯万円です。

それでは宜しくお願い致します。

ーーー

本日は他、いつも通り別件作業に関するお客様とのやり取り等を進めました。

以上、本日の日報を終わります。


シンプルだけど9割が印象に残る! 《独立 開業 起業》個人事業向け ホームページ制作ならお任せ下さい。 ロゴ・名刺もセットで対応致します。
良心価格で制作後の《サポート》もしっかり対応!

-東京都荒川区南千住-
カトリデザイン事務所 https://www.katori.co.jp