PHP5.6から7.1へのアップデートによるワードプレス文字化けの対応。その2。

2019年09月30日 月曜

PHP5.6から7.1へのアップデートによるワードプレス文字化けの対応。その2。


前回9/10の記事(PHP5.6から7.1へのアップデートによるワードプレス文字化けの対応。その1。)
その後、無事完了しました。

PHP5.6から7.1へのアップデートによるワードプレス文字化けの対応。その1。

その後のやりとりとして

ーーー
〇〇様

お世話になっております。
〇〇です。

先程7.1へ変更後、サーバー上で php.ini の設定をいろいろ試してみましたが、文字化けを解消することができなかったため、元の 5.6 に戻させていただきました。
現在文字化けは元に戻っております。

改めて改修方法を検討いたしますので、今しばらくお時間をいただけますでしょうか。お時間をお掛けしてしまい申し訳ございません。
ーーー

その後、改修方法として

ーーー

〇〇様

お世話になっております。
〇〇です。

文字化けの件、調査にお時間をいただいており申し訳ございません。方針が固まりましたのでご報告と確認です。

今回本番環境を複製してstage環境( http://stage.〇〇.com )を構築した際、結果的にではありますがDB上の文字化けが解消されておりました。それを利用し、再度本番環境を複製した環境を構築し、その環境を今後の本番環境として切り替える、という方法を想定しております。

具体的な手順は以下です。

1)
現在本番環境となっている public/ ディレクトリを複製する形で、public〇〇/
ディレクトリに一時仮環境を構築します。
一時的にサブドメイン http://public〇〇.〇〇.com とします。

2)
public〇〇環境で文字化けが解消され、問題なく動作していることを確認します(phpは7.1となります)。

3)
https://〇〇.com の公開フォルダが public〇〇/
になるようにサーバー上で切り替えを行います。

4)
https://〇〇.com で public〇〇/
を参照しているか確認を行います。一時的にテスト用のテキストを新着情報に掲載させていただきます。

5)
不要となったサブドメイン http://public〇〇.〇〇.com
は削除いたします。

※旧public/
ディレクトリはサーバ上にはそのまま残りますが、ブラウザからアクセスすることはできなくなります(不要であれば後ほど削除していただいても問題ございませんが、念の為しばらくは残しておくことを推奨いたします)。

※ユーザーから見た場合、切り替え前後で変化はございません。

以下確認事項です。

A)
public/
ディレクトリ配下に以下のバックアップと思われるディレクトリとzipファイルがございました。これらは本案件以前からあったものを思われますが、こちらは移行不要でよろしいでしょうか。
https://〇〇.com/〇〇/
https://〇〇.com/〇〇.com/〇〇/
https://〇〇.com/〇〇-error-bkup.zip

B)
上記作業を行うにあたり、当日3時間程お時間をいただきたいと考えております。作業にあたり更新を止めていただく必要がございますが、来週平日で避けた方が良い日時等ございますでしょうか。

C)
上記作業の事前確認として、サブドメインサイト http://〇〇.〇〇.com
を先に用意させていただきたいのですがよろしいでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。
ーーー

そして最終作業として

ーーー

〇〇様

お世話になっております。
〇〇です。

先日ご相談させていただいた作業日時ですが、以下の時間帯で行わせていただけますでしょうか。下記の通り、何点か〇〇様の方でご確認いただく作業もございますので、ご対応可能かも含めご確認ください。

2019年9月30日(月) 13:00-16:00

・作業前にサーバーのバックアップ機能を利用させていただきます(今回は上記時間内に行います)。
・上記時間帯はサイトの更新の一切を停止いただきますようお願いいたします。
・作業中、確認のため新着情報にテスト投稿を行わせていただきます。
・作業中、確認のため申し込みフォームからテスト投稿させていただきます。
・申し込みのメールが正常に届いているか、ご確認いただきその旨メールにてご返信いただけますでしょうか。
・その他、WPへのログイン等、正常動作のご確認をお願いすることがございます。

現状の事前確認の状況報告ですが、public〇〇
にて仮環境を構築したところ、php7.1にて文字化けも発生せず動作していることを確認いたしました。

お手数ですが、表示の確認とWPへのログインをご確認いただけますでしょうか。

・URL
https://public〇〇.〇〇.com
PW: 〇〇
※本番切替時にパスワード保護は解除いたします。

・WPログインURL
https://public〇〇.〇〇.com/wp-login.php
※ログイン情報は本番環境と同様です。

作業で行う新着情報のテスト投稿は、仮環境で現在投稿されているような以下文章を予定しております。
2019/09/30 この投稿はテスト投稿です。

また、現時点で申し込みフォームが正しく動作しているか確認したいため、私の名前でテスト投稿を行ってもよろしいでしょうか。

以上、よろしくお願いいたします。
ーーー

そして無事完了。

お客様より

〇〇様

お世話になっております。
作業ありがとうございました。
問題ないことを確認させて頂きました。

携わっていただいた皆様

この度は長い期間ありがとうございました。
お陰で大満足のホームページとなりました。
皆様の益々のご発展をお祈りしております。

カトリ様

残金をお振込みいたします。
振込完了後に再度メールを送らせていただきます。
長い期間相談からご対応までありがとうございました。
今後ともなにかありましたら、よろしくお願いいたします。

今回の案件。心強い外部パートナー達のおかげで、お客様も大満足していただけるホームページリニューアルとなりました。

以上、本日の日報を終わります。


シンプルだけど9割が印象に残る! 《独立 開業 起業》個人事業向け ホームページ制作ならお任せ下さい。 ロゴ・名刺もセットで対応致します。
良心価格で制作後の《サポート》もしっかり対応!

-東京都荒川区南千住-
カトリデザイン事務所 https://www.katori.co.jp